欲に振り回されないようにする

仏教では、欲が多くなると自分で自分のことがコンロールできなくなり、欲に振り回されるようになると教えられます。

子どもならご飯の時間があっても、遊ぶという欲が断ち切れず、ご飯もそっちのけで遊びに夢中になってしまうようなものです。

こうなると、親としては、ご飯を終わらせたくても、終わることができず、いつまでも時間が取られてしまう。

だから、子育てを楽しむどころか苦痛になってしまう。

こういう時は、対象となる欲を捨てて、欲に振り回されないようにすることが大事です。

欲はコントロールできるだけにする。

そうすることで、欲に振り回されることなく、子育ても楽になる。

子どもは欲に振り回されるもの。

そう正しく見て、欲を減らしてゆくことが大切ですね。

投稿者:

上田祥広

なぜ私たちは苦しくても生きなければならないか、何をしたら幸せになれるか、その答えを仏教を通して明らかにしています。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中