魂はあるもの

よく死んだら何も無くなるという人がいますが、もし無くなるというのなら魂というものはないことになる。

もし魂がなかったとしたら、生まれた時の性格の違いはどう説明したらいいだろうか。

私たちは一人一人性格を持って生まれてくる。

そして、その性格の違いは魂、つまり、過去世から繋がっているものがなかったら説明がつかないものです。

もし過去世がなかったら、人間もっと素直になると思います。失敗しても後に引くものはなく、ロボットのように分析して反省できます。

しかし、私たちは失敗してもなかなか現実を受け止めることをせず、都合の良いように現実を歪める。

まるで過去世から、失敗から逃げてきたように、現実と向き合うことはしない。

このしぶとい性格を持っていることを見ても、過去世から、そんなことを繰り返してきたんだと思います。

どんなに失敗しても、変えようとしない自分がいる。

このしぶとい自分がいるからこそ、遠い過去世から繋がっているものがあり、そして、自分というものが変わることなく今に至っていることが分かります。

投稿者:

上田祥広

なぜ私たちは苦しくても生きなければならないか、何をしたら幸せになれるか、その答えを仏教を通して明らかにしています。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中